クラウドリースオフィシャルBLOG

ソーシャルレンディングを活用した世界初のリース・割賦支援サービス「クラウドリース」(https://www.crowdlease.jp/)を運営する、株式会社Crowd Lease代表の武谷をはじめ、運営スタッフが毎週更新中!

スティーヴン・ホーキング博士の生き方に学ぶ

こんにちは!
クラウドリースのオペレータースタッフです。

 

3月14日にイギリスの物理学者

スティーヴン・ホーキング博士が

76才で亡くなりました。

 彼は21才の時に、体の筋肉が徐々に

動かなくなってしまう難病

筋萎縮性側索硬化症(ALS)」と診断されて、

余命2年を宣告されていました。

 f:id:crowdy2016:20180323180425j:plain

しかしその後55年間も生きることができ、

新しい宇宙理論を提唱し多くの功績を残しました。

 

彼の病を抱えながらも、現状を受け入れ、

探求心を捨てずに人生を全うする姿には

多くの人が励まされ、学んだ事と思います。

 

ホーキング博士の言葉は、

どう生きるべきかを考えさせてくれるものばかりですので

少し紹介させて頂きます。

 

障害と共に生きることについて

体に障害を持つ人に対する私のアドバイスは、集中すればうまくやれるということ、そしてできないことを後悔しないこと。体だけではなく、精神にまで障害をもたらしてはいけない
The New York Times, 2011

 

優先順位について

私の目標はシンプルです。それは、宇宙を完全に理解すること。宇宙が今の状態になった理由と、そもそも存在する理由を知りたいのです。

Stephen Hawking's Universe, 1985

 

3人こどもたちへのアドバイス

1つ、足元を見下ろすのではなく、いつでも星を見上げること。

2つ、仕事をあきらめないこと。仕事は意義と目的を与えてくれるものであり、それがないと人生は空っぽになってしまうから。

3つ、幸運にも愛を見つけることができたなら、逃してしまわないよう、その存在を忘れずいること。

ABC News, 2010

 

ホーキング博士は1988年に

書籍「ホーキング、宇宙を語る(原題:A brief History of Time)」を出版しました。

この本は1,000万部以上の売り上げを記録し

ベストセラーとなりました🌟

 

彼の宇宙の研究は、

専門用語をあまり使わずに

専門家ではない読者に

「いかにわかりやすく理解してもらえるか」

が1つのテーマとして上げられているようです。

とっても興味が湧いてきました☺✨

 

まだ読んだことがないので、

この機会に読んでみようと思います📚

 

クラウドリースにも専門用語が出てきて、

よく分からないとお思いの方、

クラウドリースのサイト内に、

用語集のページがあるのをご存知でしょうか?

上部タブのヘルプの中にあるので見てみて下さいね♪

 

 

クラウドリースをよろしくお願いいたします🌟