クラウドリースオフィシャルBLOG

ソーシャルレンディングを活用した世界初のリース・割賦支援サービス「クラウドリース」(https://www.crowdlease.jp/)を運営する、株式会社Crowd Lease代表の武谷をはじめ、運営スタッフが日々店舗ビジネスや金融知識について情報発信!

仮想通貨に税金ってかかるの?

こんにちは。
クラウドリースのオペレータースタッフです。

仮想通貨流出のニュースが世間を賑わせていますね!
仮想通貨取引所への不正アクセスによる仮想通貨の流出は
「総額580億円」と過去最高の被害額となりました。

仮想通貨を勉強中の私は、今後の動向に目を光らせております。

 

そんな仮想通貨で億を超える巨額の利益を得た人もいるようで。。
その納税額にも注目です。

今回は税金について詳しく書いてみようと思います。

f:id:crowdy2016:20180220182609j:plain

まず、気になる仮想通貨の税金について。

給与所得者は給与以外に20万円を超える
所得があると確定申告の必要があります。

※メルカリやヤフーオークションで得た利益も
同じなんですよ

仮想通貨の利益にかかる税金は、
「雑所得」に分類されます。

知らなくてうっかり脱税なんて事に
ならないように気をつけないといけませんね。

仮想通貨の利益にかかる税金の算出は、
とても複雑なようなので
プロに相談した方がよさそうです。

 

f:id:crowdy2016:20180220182739p:plain

クラウドリースの税金についても
少し触れてみたいと思います。

クラウドリースのような
投資型クラウドファンディング
投資の段階では出資者に税金は
かからないのですが
分配金は「雑所得」の対象となります。

 

分配金は源泉徴収税を
控除した金額が支給されます。
これらの税金は総合課税となるので、
確定申告を必要としませんが、
給与所得と退職所得以外の所得が
20万円以上ある場合は確定申告を
しなければならないので
注意が必要ですね 。

 

クラウドリースでは平成29年度の
年間取引報告書を各投資家様の
【My Page】にて公開中です。

 

確定申告の基礎資料として
ご利用ください。

※確定申告のお手続きに関する詳細につきましては、
お近くの税務署、もしくは顧問税理士の方へ
お問い合わせくださいますようお願いいたします。

 

クラウドリースでは利回り11%の案件を募集中です!

是非、クラウドリースをよろしくお願い致します👇