クラウドリースオフィシャルBLOG

ソーシャルレンディングを活用した世界初のリース・割賦支援サービス「クラウドリース」(https://www.crowdlease.jp/)を運営する、株式会社Crowd Lease代表の武谷をはじめ、運営スタッフが日々店舗ビジネスや金融知識について情報発信!

『 中小ベンチャー企業の後方支援も私たちの使命!』 

こんにちは。

 

クラウドリースの武谷です。

 

先日中国の友人に招待され

娘さんの結婚披露宴に行きました。

f:id:crowdy2016:20170619154541j:plain

f:id:crowdy2016:20170619154606j:plain

町を散策していると路上にざるを並べ

おばさんが桃を売っていました。

 

なんとその露店で桃を買う際の決済方法が

WECHATPAY

 

ちょっとびっくりしました。

日本で言えばLINEPAYで屋台でラーメン食べて

スマホで決済するような感じです。

 

また中国のレンタル自転車のベンチャー企業

7月に日本に進出するという記事を最近読みました。

 

独自のGPS付き自転車を開発しどこでも乗れ、

その場でアリペイ等で決済もできると。

 

2016年に創業していまや

中国本土に自転車500万台とか。

 

ITテクノロジーの進化は

私たちの生活を劇的に変化させています。

 

私たちのソーシャルレンディングという事業も

規制緩和があってこそ、

今日のように陽の目を見ることができました。

 

日本の中小ベンチャー企業から

なかなか破壊的なビジネスモデルをもった

ベンチャー企業が出にくいと言われて久しいです。

 

ガラパゴスガラパゴスと言われます。

 

私はシンガポールにいったら

移動はほぼタクシーでなくUBERです。

 東京は規制のためUBERはまだ使えません。 

 

クラウドリースは規制緩和があればこそ

いまのような事業ができるようになりました。

 

また多くの中小ベンチャー企業の事業計画や

ビジネスモデルを聞けば聞くほど規制緩和の必要性や、

もっとダイナミックに事業ができる環境が 

日本には必要だと感じています。

 

嘆いていても仕方ありませんが

私たちにできることを地道にやっていきます。

 

クラウドリースでは様々なバラエティに富んだ

案件をご案内しています。

 

事業に熱情を傾け

必死に仕事をしている事業者を応援しています。

 

社会に新しい価値を生み出す

ベンチャー企業のサポートをすることも 

私たちの大切な使命のひとつだと思います。

 

引き続きクラウドリースをよろしくお願いします。

 

 

www.crowdlease.jp