読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドリースオフィシャルBLOG

ソーシャルレンディングを活用した世界初のリース・割賦支援サービス「クラウドリース」(https://www.crowdlease.jp/)を運営する、株式会社Crowd Lease代表の武谷をはじめ、運営スタッフが日々店舗ビジネスや金融知識について情報発信!

7月21日(木) 投資家セミナー レポート(Q&A)

セミナー情報

こんにちは!

クラウドリース運営事務局です。

 

7月21日(木)は

投資家向けの事業説明セミナーでした。

 

今回は実際に投資家の方々から出た質問と回答についても記事にさせて頂きます!

 

f:id:crowdy2016:20160725114924j:plain

 

今回の登壇企業は以下4社。

弊社代表の武谷も久々のプレゼンです。

 

・maneo

・LCレンディング

クラウドリース

・アメリカンファンディング

(新サービスとして21日にリリース)

 

投資家の皆様には

28名に参加頂きました。

 

 

以下、実際に出た質問と

それに対する回答

 

====================

【質問①】

 Q 衛生用品商社の案件に関して

※リリース済

なぜ年商が伸びている(1億5千万円→2億8千万円)にも関わらず銀行が貸さないのか?

 

A 

いくつか理由があります。

1.

銀行は取引が外国になると

安全でもなかなか通りにくくなる

 

2.

それでも安定して

伸びている企業なので

2行程貸し始めている

 

3.

注文が20日に入って

月末には資金が必要になる、

という短期のため、

スピード感に対応できない

 

4.

2~3ヶ月の短期案件だが、

そんな短期で銀行は貸してくれない

 

この案件のリスクとしては

仕入れ先にお金を払った後に

商品が届かなかった・・・

というくらいが考えられるが、

もう完全に流通もできあがっている為、

 そのケースは考えにくい

 

f:id:crowdy2016:20160726104324j:plain

 

 

【質問②】

Q 72万台のパチンコ機回収についての見解は?

※ニュースの内容については下記確認

http://bylines.news.yahoo.co.jp/takashikiso/20160708-00059739/

http://news.livedoor.com/article/detail/11774567/

 

A 

上記の不正改造パチンコが

沢山入っている企業と、

あまり入っていない企業があります。

傾向として4円パチンコを

やっているような大手の企業ほど

入っていそうな感じです。

 

クラウドリースが今扱っている

案件の企業では

大きな影響があるところはないですが

今後も定期的なヒアリングを

行っていく予定です。

 

そもそもパチンコ台というものは、

年間で店舗の台数の

1.3~1.6倍程入れ替わるものです。

つまり、500台置いてある

パチンコ屋さんがあったとしたら、

1年間で650~800台程度

台を入れ替えるものなのです。

よって台が入れ替わることについて、

大きな影響がでるとは考えにくいです。

 

====================

 

パチンコ台撤去のニュースは

1か月ほど前にリリースされましたが、

クラウドリースが

取引している事業者様は

最大10店舗を経営されている事業者でも、

全保有台数のうち

約2割が対象とのことです。

他の事業者はさらに比率が低いので

入替の影響はさほど大きくないと

見ております。

 

とは言え、取引先の事業者も

資金需要はゼロではないでしょうから、

弊社としては個々に内容を検証し

保全も図りながら対応を進めていく予定です。

 

引き続き宜しくお願い致します。

 

www.crowdlease.jp