読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラウドリースオフィシャルBLOG

ソーシャルレンディングを活用した世界初のリース・割賦支援サービス「クラウドリース」(https://www.crowdlease.jp/)を運営する、株式会社Crowd Lease代表の武谷をはじめ、運営スタッフが日々店舗ビジネスや金融知識について情報発信!

クラウドファンディング基礎知識

 

こんにちは!

クラウドリース運営事務局です。

 

本日は用語「クラウドファンディング

についての記事を書いていきます。

 

 

クラウドファンディング

「群衆」という意味であるCrowd

資金調達」という意味であるFunding

の2つが合わさった造語。

スキルやアイディア、

そして事業チャンスを掴んでいるものの、

資金が足りないという起業家や起案者が

インターネット上で不特定多数の出資者から資金を募る方法。

 

・・・

 

つまり資金調達の方法の1つですね。

 

クラウドファンディングに関しては

ここ数年で国内でも様々なサービスが

普及しており、人々の認識も深まってきています。

 

クラウドリースやmaneo社が使用している

ソーシャルレンディングというコトバも

大筋の意味は同じです。

 

ただ、

単にクラウドファンディングと言っても

いくつかに種類が別れており、

意味合いや実際の内容も異なってきます。

 

 

大きく分けて以下3つになります。

 

寄付型

1つ目は「寄付型」の

クラウドファンディングです。

 

その名の通り、

不特定多数の人が

あるプロジェクトに対して出資を行いますが、

あくまでも「寄付」であるため

リターンは一切発生しません。

 

例えば実際に扱われている案件として

途上国支援や地方活性化プロジェクトなど、

社会的意義の大きいプロジェクトが挙げられます。

 

寄付をする人にとっては

寄付をしたあとのプロジェクトの状況が

透明化される(つまり意義が明確化される)

というメリットがあり、

 

プロジェクトの起案者は、

発案の経緯や

プロジェクトにかける情熱を伝え

人々の共感を生むことで

より大きなプロジェクトができるようになる

といったメリットがあります。

 

 

②報酬型

こちらは寄付型とは違い

出資者に対してモノやサービスといった

リターンを提供します。

 

実際に受け取れるリターンを

魅力的と感じた支援者が購入することで

資金を集めていくものです。

 

例えば旅館や飲食店を開くための

資金クラウドファンディングで集め、

出資者にはクーポン券やビール1年間無料等の

特典を提供します。

 

起案者にとっては

資金を集めると同時にお店のアピールや

集客にも直接繋げることが出来ます。

 

②金融型(投資型)

これはすなわち

ソーシャルレンディングのことです。

 

リターンはわかりやすくお金です。

 

出資者が特定の(実際には匿名性ですが)

個人・企業に出資を行い、

そのリターンとして金銭(配当や利益の一部)

または株式が発行されるというタイプです。

 

小口からの投資が可能なため、

新たな資産運用のカタチとしても

注目されはじめています。

 

投資を受ける側としては

上記2つのタイプとは異なり、

出資者への配当がある分、

借り入れの面が強くなりますが、

よりスピーディーな資金調達が可能になります。

 f:id:crowdy2016:20160516234119p:plain

クラウドリースではそこにリース・割賦の仕組みを組み込んでいます。

 

 

以上、3つを踏まえた上で

起案者は自らのプロジェクトに適した方法で

クラウドファンディングを活用しています。

 

出資をする側としても

どんな目的で出資をするのかは

目的次第ですね。

 

 

金融型の

クラウドファンディングサービス

国内最大手はmaneo社ですが、

弊社も順調に投資家の皆様からの

ご登録数が増えております。

 

今後も更なる魅力的なサービスを

提供出来ればと思っておりますので

ぜひご期待頂ければと思います!

 

www.crowdlease.jp