クラウドリースオフィシャルBLOG

ソーシャルレンディングを活用した世界初のリース・割賦支援サービス「クラウドリース」(https://www.crowdlease.jp/)を運営する、株式会社Crowd Lease代表の武谷をはじめ、運営スタッフが日々店舗ビジネスや金融知識について情報発信!

『遊技機の中古マーケットとは?』 vol.2

こんにちは。

クラウドリースの武谷です。

 

 

先週から

 『遊技機の中古マーケットとは?』

 と題してこのブログを書いています。

 

 

 

 

今回は前回の続きを書きます。

(下記記事参照)

crowdlease.hatenablog.com

 

 

 

前回は遊技機の中古機マーケットが

ひとつの大きな流通市場として存在しており、

新品のマーケットより活況を呈していること、

そしてその背景について説明させていただきました。

 

 

 

 

今回は、中古機の価格について説明します。

 

価格はどうやって決まるのか?

 

当たり前ですが、これは需要と供給のバランスで

市場が決めます。

 

 

 

現在はインターネットで

いくつも中古機販売のサイトがありますので、

新しい価格が随時更新されます。

 

 

ですので株価と同じように

好業績なら(店舗で良くお客さんが座る機器であれば)

上昇気配になりやすいですが、

他にも様々な条件が重なり合って

価格が決まります。

 

 

例えば新台の発売時の販売台数や

中古市場で出回っている流通台数。

 

インターネット上での

お客さんからの評判・・・などなど。

 

 

ですので一概にこのような仕組みで

価格が決まるという物差しはありません。

 

 

ただ店舗のお客さんからの支持が高く(人気があり)

市場に出回っている台数が少ないものや、

長期で人気が維持できそうな機械

比較的価格が高めにつきやすいようです。

 

 

例えば、4月3日のあるサイトを見ると

「CR  真・北斗無双」という台が、

新品はだいたい40万円ほどに比べ

約140万円という高値になっています。

 

 

また、「マイジャグラー3」、

これも新品は45万円ほどですが、

中古品は約120万円という値段です。

特にジャグラーシリーズは、

長期的に価格が高値安定しています。

 

 

しかし、逆に人気がなく

クライアントからの支持を受けられていない台は

1万円程度まで価格が下落している台もあります。

 

 

クラウドリースでは、

この中古価格、中古機械の価値、流通性に着目して

案件の保全を図っています。

 

 

・・・・

 

 

 

 

今回はここまで。

 

 

次回は、アミューズメント案件への取り組みに際する

保全の仕組み、考え方を説明します。

 

 

つづく。。。。。

 

 

 

www.crowdlease.jp

 

 

 

 

*******************

本ブログでは、

ソーシャルレンディングの『クラウドリース』に対する

投資の広告を行う場合がございます。

上記サイト(https://www.crowdlease.jp/)におきまして、

当該広告にかかる各案件のローン詳細並びに

リスク説明等がご覧頂けるようにいたしております。

 

ソーシャルレンディングにおける

投資家としての出資に際しましては
借入人の債務不履行により、

元本に欠損が生じる恐れがあります。

 

ソーシャルレンディングにおける

投資家としての出資の際には、

上記サイトにおいて表示しております

「重要事項説明書」及び

匿名組合契約約款」等の内容を

十分にご確認頂いたうえで、

お客様のご判断でご出資頂きますようお願いいたします。

 

上記サイトの金融商品取引業者:

maneoマーケット株式会社

(登録番号:関東財務局長(金商)第2011号)

 

*******************